Blog&column
ブログ・コラム

洋風の門柱をレンガでつくる場合のポイントとは?

query_builder 2024/02/03
コラム
54

洋風の門柱をレンガでつくりたい」という方は多いです。
また「おしゃれするためのポイントが知りたい」という方もいらっしゃるでしょう。
そこでこの記事では、洋風の門柱をレンガでつくる場合のポイントをご紹介していきます。

洋風の門柱をレンガでつくる場合のポイント
■タイプを決める
洋風の門柱をレンガでつくる場合、どのようなタイプにするかが重要なポイントです。

例えば、塀とセットでつくるのかウォールタイプのものにするのかで大きく違います。
塀とセットでつくると、エクステリアに統一感があっておしゃれにできるでしょう。
ウォールタイプにすれば、玄関の目隠しを兼ね備えたスマートな門柱にできます。

■レンガの組み方にこだわる
洋風の門柱をレンガでつくる場合は、レンガの組み方にもこだわりましょう。
同じレンガでも、組み方1つで全く違った印象をつくり出せます。

例えば、丸みのあるレンガや角ばったものなど、色合いも含めて種類は様々です。
角ばったものならモダンな雰囲気になり、いくつもの色を散りばめれば空想的な感じになります。
家のテイストや庭に合うレンガについて、ご家族と相談してみてください。

▼まとめ
洋風の門柱をレンガでつくるポイントは「タイプを決める」と「レンガの組み方にこだわる」です。
レンガは様々な門柱をつくることができ、ちょっとした変化で雰囲気を大きく変えられます。
どのようなスタイルやテイストが合っているかを考えて、門柱づくりを楽しんでみてください。
弊社はレンガ専門店ですので、様々なタイプのレンガをご用意しております。
豊富な種類からレンガを選びたいという方は、弊社にご相談ください。

NEW

  • 大阪でレンガの花壇を造りたい方におすすめ-株式会社奥田源松商店

    query_builder 2022/04/26
  • アンティークレンガの特徴について

    query_builder 2024/03/01
  • 洋風の門柱をレンガでつくる場合のポイントとは?

    query_builder 2024/02/03
  • 洋風レンガ塀のメリットとデメリットについて

    query_builder 2024/01/05
  • 駐車場をレンガ敷きする場合の費用について

    query_builder 2023/12/03

CATEGORY

ARCHIVE