Blog&column
ブログ・コラム

洋風レンガ塀のメリットとデメリットについて

query_builder 2024/01/05
コラム
53

「外構を洋風レンガ塀にしたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
実際に洋風レンガ屏にした場合、どのようなメリットとデメリットがあるのかが気になりますよね。
そこでこの記事では、洋風レンガ塀のメリットとデメリットについてご紹介していきます。

洋風レンガ塀のメリットとデメリット
■メリット
大きなのメリットは、防音性です。
洋風レンガは厚さが約7cmと、かなり分厚くできています。
そのため、外からの音や中から外に出ていく音を軽減することができるでしょう。

また、素材が土でできた自然のものですので、経年変化による味わいを楽しめます。
おしゃれな塀を探しているのであれば、洋風のレンガ塀はおすすめです。

■デメリット
洋風レンガ塀のデメリットは、簡単に修復ができない点が挙げられます。
モルタルで固めてつくるので、部分的な変更が容易ではありません。
また、鉄筋などで補強する場合は、さらに手間がかかります。
その他、地震による剥落や割れを心配される方もいるでしょう。

▼まとめ
洋風のレンガ塀にするメリットは、防音性と外観がおしゃれの2つが挙げられます。
また、洋風のレンガ塀ならではの味わいと経年変化を楽しめるのも魅力ですよ。
一方デメリットは、簡単に修復できないことや変更ができないところでしょう。

レンガの特徴・メリット・デメリットを考慮した上で、選ぶことをおすすめいたします。
弊社は、美しく耐久性の高い製品を取り扱っております。
幅広いラインナップを展開しておりますので、洋風のレンガをお探しの方は、弊社にご相談ください。

NEW

  • 大阪でレンガの花壇を造りたい方におすすめ-株式会社奥田源松商店

    query_builder 2022/04/26
  • アンティークレンガの特徴について

    query_builder 2024/03/01
  • 洋風の門柱をレンガでつくる場合のポイントとは?

    query_builder 2024/02/03
  • 洋風レンガ塀のメリットとデメリットについて

    query_builder 2024/01/05
  • 駐車場をレンガ敷きする場合の費用について

    query_builder 2023/12/03

CATEGORY

ARCHIVE