Blog&column
ブログ・コラム

耐火レンガと普通レンガの種類別の特徴について

query_builder 2023/10/02
コラム
50

レンガを探している方は、耐火レンガと普通レンガの特徴が気になるのではないでしょうか。
実際、同じように見えて、それぞれまったく特徴が違います。
そこでこの記事では、耐火レンガと普通レンガの種類別の特徴をご紹介していきます。

▼耐火レンガと普通レンガの種類別の特徴
■耐火レンガの特徴
耐火レンガとは、文字通り火や熱に強いという特徴があります。
一般的には、1,000度以上の熱に耐えられるようにつくられています。

そのため、かまど・ピザ窯・暖炉のように高温になる場所で使うことが可能です。
一方で、水に弱いという性質もあわせ持っています。
もし、外で使う予定があるのであれば、雨に濡れないように工夫をしましょう。

■普通レンガの特徴
普通レンガとは、一般的に赤レンガといわれています。
お手頃な価格のものが多く、サイズも豊富にあります。
熱に弱いという特徴があるため、かまど・ピザ窯・暖炉には不向きです。

一方で、水に強いという性質があります。
そのため、雨風に晒される屋外で使うことが可能です。
ガーデニングや室内装飾などの用途におすすめです。

▼まとめ
耐火レンガと普通レンガには、それぞれ違った特徴があります。
レンガの種類が違えば特徴が違うので、使い方にも気をつけなければなりません。

レンガを選ぶ際は、目的に合わせて選ぶようにしましょう。
弊社はレンガ専門店ですので、様々なレンガを取り揃えております。
レンガをお探しの方は、ぜひ弊社をご利用ください。

NEW

  • 大阪でレンガの花壇を造りたい方におすすめ-株式会社奥田源松商店

    query_builder 2022/04/26
  • アンティークレンガの特徴について

    query_builder 2024/03/01
  • 洋風の門柱をレンガでつくる場合のポイントとは?

    query_builder 2024/02/03
  • 洋風レンガ塀のメリットとデメリットについて

    query_builder 2024/01/05
  • 駐車場をレンガ敷きする場合の費用について

    query_builder 2023/12/03

CATEGORY

ARCHIVE