Blog&column
ブログ・コラム

耐火レンガの温度に関する注意点について

query_builder 2023/09/01
コラム
49

耐火レンガの購入を考えている方は、知っておくべき注意点があります。
知らずに購入して使用すると、思い通りに使えない可能性があるのです。
そこでこの記事では、耐火レンガの温度に関する注意点についてご紹介していきます。

▼耐火レンガの温度に関する注意点
■耐火レンガの耐熱温度について
耐火レンガを購入する際は、必ず耐熱温度についてチェックしてください。
耐火レンガの耐熱温度とは、安全に使用できる温度の目安です。

もし、想定しうる最高温度が、耐熱温度内に収まるようであれば、安全に使えます。
しかし、耐熱温度を超えることが想定される場合は、使用をしないようにしてください。
使い方によっては、火災や怪我の原因になってしまいます。

■荷重軟化点とは
耐火レンガには、荷重軟化点というものがあるのをご存じでしょうか。
耐火レンガは、金属のように明確な融点があるわけではありません。

一定の温度に達した辺りから、少しずつ形状を変化させていきます。
通常、耐火レンガの耐熱温度は、荷重軟化点よりもマイナス100~200度程度です。
ただし、条件によってレンガの耐久力は変わるので、耐熱温度を目安に耐火レンガを選ぶようにしてください。

▼まとめ
耐火レンガは、必ず耐火温度を確認してから使用しましょう。
耐火温度内での使用が安全ですよ。

荷重軟化点では安全性を担保できないので、耐熱温度で判断してください。
弊社は、大正12年創業のレンガ専門店です。
耐火レンガをお探しの方は、ぜひ弊社にお問い合わせください。

NEW

  • 大阪でレンガの花壇を造りたい方におすすめ-株式会社奥田源松商店

    query_builder 2022/04/26
  • アンティークレンガの特徴について

    query_builder 2024/03/01
  • 洋風の門柱をレンガでつくる場合のポイントとは?

    query_builder 2024/02/03
  • 洋風レンガ塀のメリットとデメリットについて

    query_builder 2024/01/05
  • 駐車場をレンガ敷きする場合の費用について

    query_builder 2023/12/03

CATEGORY

ARCHIVE