Blog&column
ブログ・コラム

日本にレンガ建築が少ないのはなぜ?

query_builder 2022/07/22
コラム
20

レンガづくりの家は、外壁のメンテナンスも不要で快適な室温が保てると言われています。
しかし、このような利点があるにもかかわらず日本にはレンガを使った建築物が少ないですよね。
これはどうしてなのでしょうか。
今回は日本にレンガ建築が少ない理由について解説していきますね。

▼日本にレンガ建築が少ない理由
日本でも、明治から大正時代の初期にかけてはレンガづくりの建築物が数多く存在していました。
しかしレンガ建築はひとつずつレンガを積み上げなければならないため、手間が多くかかります。
高度経済成長期以降の日本では、いかに早く建築できるかが勝負になりました。
こうした時代の変化によってレンガ建築が少なくなったのは当然と言えるかもしれません。

■今だからこそレンガで家を作ってみよう
レンガ建築の少ない現代で、あえてレンガの家を建築すれば斬新で先進的なイメージを実現できます。
現代の工法なら耐震性もクリアできますので、ぜひレンガを使った家づくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

■エクステリアで楽しむのもおすすめ
建築の全てにレンガを使用するのが難しい場合でも、外壁の一部分やエクステリアなどに利用するのは比較的簡単ですよね。
レンガは自然由来の素材ですから年月を経るごとに風合いが増し、特別なメンテナンスは必要ありません。
ぜひレンガを取り入れた建築で、ナチュラルな雰囲気を楽しんでください。

▼まとめ
日本でも、大正以前の時代にはレンガ建築が数多く存在していました。
しかしレンガ建築には手間がかかるため、高度経済成長期以降はどんどん姿を消してしまったとされています。
とは言えレンガ建築には近代的な家にはない良さがあります。

ナチュラルな雰囲気を楽しみたい方は、ぜひレンガを建築に取り入れてみてはいかがでしょうか。
株式会社 奥田源松商店でも多種多様なレンガを販売しています。
扱い方のご質問にもお答えしていますので、まずはお庭のDIYなどで試してみてくださいね。

NEW

  • 大阪でレンガの花壇を造りたい方におすすめ-株式会社奥田源松商店

    query_builder 2022/04/26
  • レンガの耐久性はどのくらい?

    query_builder 2022/10/01
  • レンガの選び方を簡単に紹介

    query_builder 2022/09/22
  • レンガ同士を接着する方法について

    query_builder 2022/09/15
  • レンガの積み方にはどのような種類があるの?

    query_builder 2022/09/08

CATEGORY

ARCHIVE