Blog&column
ブログ・コラム

レンガの上手な割り方について

query_builder 2022/07/08
コラム
18

レンガで庭づくりをしている時、規格より小さいサイズのレンガが欲しいと思うことがありますよね。
このような場合は、レンガをお好みの大きさに割ると良いでしょう。
今回はレンガの上手な割り方について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

▼レンガの上手な割り方
レンガを割るには「マイナスドライバー」と「トンカチ」があれば可能です。
以下の手順で割ってみてください。

①レンガの割りたいところに線を引く
②マイナスドライバーを線に当ててトンカチで軽く叩き、レンガに溝を入れていく
③溝がレンガのまわりを一周したら、1カ所にドライバーを垂直に当ててトンカチで少し強めに叩く
④割れる

最後は一回で割れるのではなく、何度か叩いていくうちに割れるというイメージです。
一気に割ろうとせず、徐々に力をかけていくのがポイントです。

■「レンガタガネ」があると便利
今回は自宅にあるものを使うという観点からドライバーを使用しましたが「レンガタガネ」という専用の工具もあります。
頻繁にレンガを割る機会がある方は、レンガタガネを購入しておくと便利でしょう。

■どんなレンガが綺麗に割れる?
レンガをスパッと綺麗に割るには、キメの細かいレンガを選びましょう。
粗い素材のレンガは割るとボロボロになってしまうことがあるので、失敗しても良いレンガで試してみることをおすすめします。

▼まとめ
レンガを割るには、ドライバーとトンカチで少しずつ溝を作り、最後に少し強く叩いてみてください。
キメの細かいレンガほど綺麗に割れるでしょう。
頻繁にレンガを割る機会がある方は「レンガタガネ」という専用の工具があると便利ですよ。
一度割り方を習得すれば、DIYも思い通りに進みます。
いろいろな大きさのレンガを使って、お庭を綺麗に仕上げてくださいね。

NEW

  • 大阪でレンガの花壇を造りたい方におすすめ-株式会社奥田源松商店

    query_builder 2022/04/26
  • レンガの耐久性はどのくらい?

    query_builder 2022/10/01
  • レンガの選び方を簡単に紹介

    query_builder 2022/09/22
  • レンガ同士を接着する方法について

    query_builder 2022/09/15
  • レンガの積み方にはどのような種類があるの?

    query_builder 2022/09/08

CATEGORY

ARCHIVE