Blog&column
ブログ・コラム

レンガでアーチを作るには?

query_builder 2022/05/25
コラム
7

アーチ形に組まれたレンガは、なんとも言えずおしゃれな雰囲気がありますよね。
そこで今回は、レンガでアーチを作る方法を見ていきましょう。

▼レンガでアーチを作るコツ
レンガでアーチを作るには、いくつかのコツがあります。

■土台もレンガを使おう
レンガでアーチを作るなら、せっかくですから土台もレンガを使いましょう。
そうすれば、完成した時にいっそう雰囲気がよくなります。

そのためには、土台となるレンガとアーチ用のレンガが必要ですよね。
どのくらいの大きさにするかによって、レンガの数が変わってきます。
まずは全体の寸法を測り、1個当たりのレンガのサイズをもとに、数を割り出しましょう。

■初めて作るならオブジェから
レンガで作られたアーチは、庭にオブジェとして置けるものから建物の入り口まで、大きさもさまざまです。
ただ、建物を作るには高度な技術が求められます。
そのため、初めて自分でアーチを作るなら、オブジェがおすすめです。
庭にガーデニングスペースがあるなら、置いておくだけでおしゃれな空間が出来上がります。

■作り方の手順
どの程度の大きさにするかはお好みですが、今回は2列のレンガを3段に組んだ土台にアーチを作る手順をご紹介します。

①レンガを2列に並べ、その上に3段になるように重ねていく(レンガは互い違いに並べるのがコツ)
②湿らせたベニヤ板でアーチ状の型を作る
③土台のレンガの上に②のアーチ状の型を乗せ、片方の端から反対側へとレンガを積んでいく
④レンガを1つ乗せたらセメントを塗る作業を、アーチ形になるように形を整えながら続ける

アーチ形にするにはレンガをくっつける接着剤が必要で、これにはセメントが最適です。
どのくらいの間隔でレンガを積んでいくかを決めるには、先に庭や床にレンガをアーチ状に並べてみるといいでしょう。
間隔を広めに取るなら、セメントを多めに塗るのがコツです。
多くのレンガでアーチを作りたい場合は、先にアーチの形を決めてからベニヤ型を作るといいですね。

▼まとめ
建物のアーチを作るのは困難ですが、オブジェならレンガのアーチを手作りできるのではないでしょうか。
お気に入りのレンガを用意して、思い切って作成してみてくださいね。
大正12年の創業以来、弊社は大阪でさまざまなレンガを扱ってまいりました。
レンガに関するご相談は、弊社にお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 大阪でレンガの花壇を造りたい方におすすめ-株式会社奥田源松商店

    query_builder 2022/04/26
  • 不要なレンガはどのように処分すればいいの?

    query_builder 2022/08/15
  • レンガの種類について

    query_builder 2022/08/08
  • レンガの作り方とは?

    query_builder 2022/08/01
  • 日本にレンガ建築が少ないのはなぜ?

    query_builder 2022/07/22

CATEGORY

ARCHIVE